a men is watching laptop

カード審査には年数も

man using mobile

カードローンの審査では年収や年齢などがチェックされますが、それ以外にも勤続年数や雇用形態もチェックされています。勤続年数の長い方でしたら社内でもある程度のポジションになりますので、安定した収入があると思ってもらえるのです。そのため、勤続年数の短い方ですと審査が難しくなるでしょう。特に入社して半年以内の方ですと勤続年数が短すぎるため、審査に受からなくなることもあるのです。そのため、転職して間もない方は注意しましょう。こういった基準はローン会社によって異なるため、カードローンの比較サイトをチェックしましょう。中には転職してから間もない方でもサービスが受けられることもあるので、カードローンを比較することは大切なのです。

勤続年数が長い方ですと社内での信用も高いので、カードローン審査に有利なのです。そして、雇用形態も非常に重要でしょう。やはり、公務員や正社員は最も信頼がありますが、フリーターや契約社員、派遣社員などは難しくなっています。しかし、現在は正社員以外の方も増加していますので、非正規社員でも利用することは可能です。また、自営業やフリーランスでも審査を通過することが出来ます。しかし、こういた基準はカードローン会社によって異なりますので、カードローンの比較サイトなどで情報を手に入れましょう。また、学生街や大学の周辺には学生ローンがあり、こういったものは学生向けにキャッシングをしています。興味のある方はカードローンの比較サイトを見ましょう。

ページのトップへ戻る