a men is watching laptop

総量規制とは何なのか

man is calling

カードローンの比較をしていると「総量規制」と呼ばれるワードを目にしますが、これはどういったものなのでしょうか。消費者金融系のカードローンですと総量規制の対象になります。総量規制とは年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ません。そのため、年収が300万円の方ですと、100万円までしかキャッシングが出来ません。カードローンの審査では源泉徴収票や給与明細書などから年収をチェックしています。そのため、限度額は必ず知られているのです。こういった総量規制の対象となるのは消費者金融系カードローンだけでなく、信販会社やクレジットカード会社などのカードローンも含まれます。詳しくはカードローンの比較サイトをチェックしましょう。

現在は総量規制によって年収の3分の1までしかキャッシングが出来ません。しかし、カードローンの比較をしていると、総量規制対象外のカードローンもあることがわかります。銀行系カードローンは総量規制の対象外となっています。総量規制は貸金業法に含まれるものですが、銀行系のローンでは貸金業法ではなく銀行法で管理されているのです。そのため、比較をしてみると銀行系ローンの方が良いように思えますが、本当にそうなのでしょうか。実際はそのようなことはありません。銀行系ローンと消費者金融系ローンを比較すると、前者の方が審査基準が厳しくなっているのです。さらに、審査にも時間がかかりますので即日融資が難しくなってしまいます。

ページのトップへ戻る